ブログ

花火はいいですね。

花火にいってきました。花火にいくのは久しぶりで印象に残ること3つといえば、
1.たまや~、かぎや~、きれいだな~花火。
2.はぁ~、混むなぁ~、人ごみ
3.まだ~、早くしてよ~、トイレ
花火にいくのは楽しいけど、少し040802bread覚悟が要りますね。
駅に着いたら、想定した通りの人混みで改札を出るまで時間がかかりました。外に出ると変わらず日差しが強く暑かったですね。幸い雲が出てきてくれたのでいつもよりは少しましでした。花火を見るところまでいく途中、浴衣を着ている方が多く見られました。涼しく見えますし、かわいいとは思いますけど、実は汗がぽたぽた落ちて蒸すし、暑いんですよね。そろそろ着く頃になると道が合流してなかなか進まない状態でした。致し方なく、ここは迂回を。
20140802 いつからでしょうか。良く見える席は有料になっていました。まわりを見渡している限り、自由席はほとんど埋め尽くされていました。それでも所ところちょっとしたスペースがあり、それを獲得するための「SPACE WARS」になっていました。川の近くにロープで仕切られたところに畳を縦にして半畳分くらいのスペースをなんとかゲットしました。狭いけれど花火を見る分には問題ありません。来る前に飲み物とお菓子、パンを買っておいたので後はいつかと首を長くしてカウントダウンを待っていました。主催関係者のマイク演説が終わり、カウントダウンが始まりました。日も暮れて19時15分ごろだったと思います。花火って大きいんですね。改めてみるとやはり大きい。そしてきれい。座った席は放たれるところも見えて結構近いところだったと思います。最近はいろんな花火の模様がありますね。動物の顔、地球といった「かたち」にするまで費やした職人の努力、そしていつもの花火をより美しく長く見せようとする進化に我々は毎年の夏、感動を覚えます。その感動をもう一度感じたくて花火を見にいくのかもしれません。座ったところで3か所で行われる花火を同時に見ることができました。左は板橋、正面奥は朝霞?と戸田。これは贅沢です。終わってみればあっという間でした。帰りは行きよりすごいです。一斉に駅に向かうので行きのようにお昼からばらばら席が埋まっていくのとはわけが違います。一瞬の判断がとても大事です。人の流れをよく観察し、わずかにある隙間を見つける。混むことは分かっていましたが思ったよりスムーズに駅に着くことができました。今回は誘ってくれた人がいたので妻と3人で楽しい時間を過ごすことができました。ありがとう。隣に住んでいる大家さんが飲み物をくれました。大家さんもありがとう。そして花火、いつもありがとう。

関連記事

  1. 2014年のクリスマス
  2. 女性の35歳は7の倍数でいう5番目にあたる
  3. 2014年お疲れ様でした。
  4. 2016年のいちご紀行
  5. 12月ですか
  6. 東洋・西洋医学の治療の特徴
  7. 久しぶりの自主練
  8. 2017年3月の三峯神社
PAGE TOP