ブログ

新たな領地、金沢(茶屋街)

ギャラリーを出て「ひがし茶屋街」に向かって歩いてると近づくにつれ、人が多くなっていきました。人が多いと人疲れしてしまうので(以前はなかったのですが都外に引っ越してからですかね)避けたいところですが、初めて来ているし、ちょっと頑張って人混みに突入。風情がいいですね。円長寺に入って参拝をしていたらお寺の住職さんが声をかけてくださって、さらに中まで上がって仏様や模様などについて説明をしてくださって、又もない良い経験ができました。「住職さん、ありがとうございました。」今日はこの辺にして本日泊まる宿へいきました。金沢だと宿の予約やコスパなどの面で見つかりにくいので少し離れたところの「山緑荘」を予約しました。山菜料理が自慢のようでいっぱいお料理が出ました。おいしかった。行きたい観光箇所を聞くといろいろ教えていただけます。部屋は洋室でした。翌朝もしっかり食べたあと、もう少し金沢を観光したく兼六園の脇に沿って歩いて「鈴木大拙館」へ。妻が興味があるようで。少し不思議な感じでここもちょっと私には分からない世界がありました。忍者寺という別名を持つ妙立寺が人気があるとのことで行ってみました。忍者という言葉に反応したのか外国の人が多くいました。私もですが。中に入ると大勢の人をグループ分けして、それぞれのグループにガイドさんが付いてお寺の中を案内してくれます。カラクリを聞きながらガイドさんの説明に時を忘れ、気がつけば、あっという間に45分が過ぎていました。
少し遅めですが、のどぐろがおいしいらしく回転寿司屋ですがランチセットと、のどぐろ単品を注文しました。はうっー、おいしいですね。今夜の宿が岐阜の奥飛騨なのでここで金沢とはさようならをして車を走らせました。途中、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)に寄り道。こういう由緒ある神社は、堂々としていて揺るがない空気を感じます。そこからもう少し車に乗って、やっと宿に到着。今夜は勘九郎というところでお世話になります!

関連記事

  1. 乾燥していますね。
  2. ジブリ作品マーニー
  3. 三峰神社に登る!
  4. 三度目の三峯神社
  5. 長野戸隠への旅7(2日目)
  6. 2015年2月の韓国旅行#3
  7. 2016年のいちご紀行
  8. 新しい仲間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP